Microsoft『ペイント3D』の使い方(基本操作)

基本操作



Windows10のCreaters Update先行アップデートを行いました。

これでやっと『ペイント3D』の正式版が使えようになります。

ではさっそく使い方を見てみましょう!

ペイント3Dの使い方

ペイント3Dの起動

ペイント3Dの起動方法には2つあります。

1.ペイントアプリからの起動

一つ目は従来のペイントアプリから起動する方法です。下の通りペイントアプリの右上の『ペイント3Dを開く』をクリックすると、ペイント3Dが起動します。

ペイント3Dを起動するとこんな感じになります。

2.アプリ一覧からの起動

もう一つの方法はアプリ一覧からペイント3Dを起動する方法です。

これはホーム画面の左下のWindowsマークをクリックしアプリの一覧表から起動します。

日本語版Windows10では英語表記ではなくカタカナで『ペイント3D』となっています。

ペイント3Dはてっきり従来の無印ペイントアプリがアップデートされるのかと思っていましたが、別の姉妹アプリとしてインストールされていました。

これまでのペイントアプリを使い慣れている人にとっては、いままでと変わらず使えるので一安心ですね。操作とか変わるとめんどくさいですからね。

ペイント3Dの基本的な使い方

ペイント3Dはまだ解説本とか出ていませんので使い方がわからないですよね、でも安心してください、ちゃんと日本語のチュートリアルが用意されています。

ようこその画面が出ているのがアプリを起動したときの画面です。

この画面でまずは真ん中下の「Paint3D preview」をクリックしてみてください。

どんなことがこのアプリで出来るのか、簡単なイメージビデオが流れます。

このビデオを見ると、このソフトはタブレット端末の方が使いやすそうですが、デスクトップでも問題なく操作出来そうです。

イメージビデオが見終わったら「ペイント3Dヒントとコツ」をクリックしてみて下さい。

ペイント3Dの使い方のメニューが表示されるのでこれを見るとペイント3Dの使い方がわかります。基本的に最初はすべて目を通すことをお勧めします。

 

メニュー:

  • 3Dの落書きをする
  • ペイント3Dツールの概要
  • 基本の3Dモデリング
  • ペイント3Dでステッカーを使用する
  • ペイント3Dを2Dに使用する
  • 3Dモデルをリミックスする
  • Remix 3D.comで作品をお披露目する
  • ボードを使用して整理する
  • View3Dですべての角度から見る
  • 3Dオブジェクトのモデル化と印刷

 

軽く使った感じとしては、3Dだからと言って操作が重たいとか時間がかかるということはなく、快適に使えました。

今回のOSのアップデートでなんかMacよりもクリエイターにも優しいOSになってきたような印象です。

今回のアプリは幸いにも使い方の概要が日本語で書かれており、基本的な使い方はこれでマスターできると思いますが、それほど説明には書かれていないので、随時使い方をご紹介しようと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました